in Kanazawa -  ks-eek.net

blogトップ#010 PC・デジタル・家電等 > #011 牛ケース自作メインPC

2006年01月14日

DQ60-0R3(黒ベゼルBenQ DQ60、TEAC DV-W516E OEM)

先日、初売りで買った銀ベゼル版DQ60ですが、疑問点が2つほどあったので、黒ベゼル版で検証。

1つ目の疑問
銀ベゼル:
トレイの開閉が遅め、開閉の速度変化に違和感もある。
黒ベゼルでは?:
トレイの開閉はやはり遅め。変な違和感は少な目だったような?

2つ目の疑問
銀ベゼル:
初期出荷状態のジャンパがなぜがスレーブ。
黒ベゼルでは?:
やっぱりジャンパはスレーブ。

黒ベゼル版、前書いたように2005-11月製なのですが、初期ファームはMBDCでした。
ちなみにこの黒ベゼル版は友人のです。
MBDCならファームアップしなくても、とりあえずは良いか。
ネットに繋がっていないPCなので、少しでも楽したいのです。

投稿者 けーえすtj : 11:26 | コメント (0) | トラックバック(0)

2006年01月05日

GatewayのMID-TOWERに無理矢理冷却ファンを取り付ける

牛ケース、ゲートウェイのミッドタワー(GP6とかPerformanceの世代、PentiumIIとかPentiumIIIのころ)ケースには、フロント側に冷却ファンを取り付けるスペースがありません。
参考:ケース外観写真

そのためHDDの冷却は、排気により発生するであろう自然吸気に任せるしか有りません。
しかし、現在主流の流体軸受けは熱に弱く、このままだと不安。

それなら無理矢理取り付けましょう!というのが今回のお話。
HDDマウンタに結束タイで強引に取り付けます。
前面左から右から
左の画像は、前面左の方から見た様子。右の画像は、その反対側。ファンとマウンタの間に隙間をもうけてあるのが分かります。

投稿者 けーえすtj : 15:55 | コメント (0) | トラックバック(0)

2006年01月04日

BenQ DVD Re-Writer DQ60 (TEAC DV-W516E)

2005年後半、前触れもなく各社から出揃ったDVDマルチドライブ。
BenQのDQ60をパソコンの館の初売りで2日に買いました。バルクで税込み5000円+10%ポイントです。
DQ60-0R5、色はシルバー。ベースモデルはTEACのDVD復帰作DV-W516Eです。
PLEXTORのPX-750Aの中身もこのドライブ。同じドライブで9千円というのがブランド力か・・・。

去年の今頃は、PioneerのDVR-A08-Jを9800円で買ってたなぁ。わずか1年でマルチ対応の国内メーカー品が半額。
他に6千円未満のDVD-RAMとしては、定番の日立LGとか、NECとか、LITE-ONとかいろいろ増えましたが、
今回は「5倍速に対応していない古いDVD-RAMメディアを5倍速で再生できる」を条件に、
適当に調べてみたところ、このドライブが面白そうで、しかもTEAC製だったので購入。
パイオニアDVR-110Dのファーム書き換えによる110(A10)化の方が面白そうではあるけど、
低速RAMメディアを5倍速で読めるか分からなかったし、DVD-R書き込み機能に関して、
16倍速書のCAV対応以外には110とA08で差が余り無さそうだったので、安いし使ったこと無いBenQを。
//

続きを読む "BenQ DVD Re-Writer DQ60 (TEAC DV-W516E)"

投稿者 けーえすtj : 12:21 | コメント (6) | トラックバック(2)

2005年09月19日

AOpen AW744Pro サウンドカード

先日予告しましたが、またマイコンビルで中古のサウンドカードを買ってきました。
数日前オフラインのときテキストエディタで書いたのを相変わらず今頃掲載してます。

続きを読む "AOpen AW744Pro サウンドカード"

投稿者 けーえすtj : 09:47 | コメント (0) | トラックバック(0)

2005年09月03日

PHILIPS PSC704 最終編 LabwayD10(YMF724)復帰

最終編ってなんだ・・・

さて、有志制作のBETAドライバによって不都合解消したかと思われたPSC704ですが、やっぱ固まります。ボリュームバー?を少しずつ変化させるソフトなら問題ないのですが、一気に2%から60%に音量をとばせるような音量調整ソフトだと確実に落ちます。
音量を変化させないようにすればいいことなのですが、世の中には起動するだけで音量を勝手に変更する迷惑なソフトがあるわけです。それなら音量固定ソフトを使えば?てなことになりそうですが、音量固定ソフトというのは固定と言うより常時監視ソフトなので、
たとえば普段音量を3%にしている場合、困ったソフトによって一気に100%にされた音量を、音量監視ソフトが一気に3%まで戻すわけです。2回も急激な音量変更を加えるわけですから、確実に固まります。


てなわけで、PSC704を使うのはあきらめて取り外しました。かといって別のサウンドカードを手配したりオンボードの蟹に戻るのもアレなので、以前壊れたと言ったLabwayのD10(YMF724)を再び取り付けます。
このYMF、壊れたつもりだったんですが、どうやらスピーカー出力端子側回路の調子が悪いだけで、ラインアウト側は問題ないみたい、それどころかノイズもほとんど分かりません。

なぜ、いままでYMFでノイズレスのラインアウト端子ではなくホワイトノイズ満載のスピーカー出力端子を使っていたかというと、実はラインアウトの出力がやたらに弱く(音量が小さいという意味ではない)、低音が全く聞こえなかったからです。それで今回は何かアンプ、とりあえずアクティブスピーカーに繋ぎました。スピーカーの内蔵アンプが安物なのか高域が狭まったように感じられますが、とりあえず音はまともになっています。

投稿者 けーえすtj : 10:54 | コメント (0) | トラックバック(0)

2005年09月01日

PHILIPS PSC704 続編

さて、音量を変えるとPCごと止まってしまうPSC704なのですが、カード自体が壊れているという可能性はないかと思いWindowsMeなサブマシンに取り付けてみました。

WinMeでの結果
音量いじっても固まらない、が、なぜかWindowsのコントロールパネルが開けなくなる(ぉ

ちなみに2000/XP用としてフィリップスで公開されているWDMドライバの最新版は1.16で、昨日はこれを使って試していたのですが、どうしようもないのでちょっとネットで検索してみると、あったよ、ありましたよ。
WDMドライバ1.17(ベータ)が。
1.17betaここです
http://www.3dss-forums.com/
cgi-bin/wwwthreads/showflat.pl?Cat=&Board=Forum19&Number=43637&page=0&view=expanded&sb=5&o=0&fpart=1&vc=1

さっそく入れてみると、なんと不都合がおこらない!

もう少し試してみる必要はありますが、多分解決です。めでたしめでたし。

追記
上のように行っていた矢先に不都合が再び発生。どうやら発生率は若干低いようですが直ってはいないようです・・・

投稿者 けーえすtj : 18:29 | コメント (0) | トラックバック(0)

2005年08月31日

PHILIPS seismic edge PSC704 中古サウンドカード

(昨日書いて、今日書き足して投稿)
使い物にならなくなったYMF724の代わりに、またマイコンビル4Fでサウンドカードを買ってきました。今度のは中古なので壊れているということはないと思います。わずか税込み1499円。SoundBlaster Live!も同価格で置いてありましたが、おもしろそうなのでPSC704を購入。

フィリップスのサウンドカードは音が良いと聞いたような気がしたので、ちょっと調べてみると売っていた頃は音質が良くてちょっと話題になったカードのようです。VLSI ThunderBird128搭載。
PSC704は2001年の製品で、後継機種もいくつか発売されています。
そんなフィリップス製サウンドカード達は、ONKYOのWAVIOブランドから出ているサウンドカード(そのころはEnvyでなくてESSチップ)なんかと当時ライバル商品だったみたいです。
ではなぜそんな良さそうなカードが中古とはいえ1499円で買えるのでしょうか。理由は後述。

続きを読む "PHILIPS seismic edge PSC704 中古サウンドカード"

投稿者 けーえすtj : 11:08 | コメント (0) | トラックバック(0)

2005年07月27日

AcBel ATX-400P-API4PC03

牛ケース自作機の電源ユニットを「なんとなく」交換。5Vがギリギリな感じだったんで。
不要となったSILENT KING-3 350Wは友人chuwaのPCへ。

新規購入電源はAcBelのATX-400P-API4PC03という400W電源。
Gatewayミッドタワーケース(通称新ミッド)の電源取り付け部は開口部が小さいので、
ケース側の加工を少しでも減らすために今回も12cmファン付きの電源です。
PFC無しでファンもLED無しという、一番オーソドックスな奴です。

パソコン工房金沢店で5980円。一般的に「良電源」と言われてるような電源の半額ですが、静王3ことSILENTKING3より高いので大丈夫でしょう。メーカー製PCに多く採用されているAcBelだし。


取り替えてみました。
騒音は、静王3と同じぐらいか?。HDDのせい音でよく分からない。
風量は静王3より心持ち多い気がするが、やはりかなり少ない。
SpeedFanの電圧グラフを見ると、12Vラインの変化が静王3より激しい気がします。といっても±0.05Vの幅なので特に気にしません。

なんか微妙な感じですが、大きな問題点もないですし、大手電源メーカー製でこの値段なら良いです。

投稿者 けーえすtj : 13:40 | コメント (0) | トラックバック(0)

2005年07月16日

HGST T7K250 160GBモデルを2台導入してみる

この話は先月中旬の話ですが放置してました。スマソ。


去年組み立てたメインマシンこと牛ケース自作機ですが、なんというかマルチタスク作業に弱い感じがしていました。原因は簡単、HDD代をケチってT7250 160GBの2Mキャッシュモデルにしたからです。

いくらランダムアクセスが早いHGST製のHDDと言っても、さすがに安い2Mキャッシュモデルでシステムとデータ置き場を兼用にするのは辛かったみたいです。

それと、某巨大掲示板群など見れば分かりますが、T7250というHDDは、振動が大きいのが難点でした。


などと不満があったので、振動が低減したという新モデルT7K250に乗り換えることにしました。8MキャッシュでUltraATA133、今度も160GBモデルです。システム用とデータ用に各一台ずつ、計2台購入。不要になったT7250は別の用途に回しました。
200506t7k250160.jpg
PCワンズの通販で購入時に1台税込み9250円でした。


システムの引っ越しには発売されたばかりのAcronis True Image 8.0を使用。ただ、無茶な使い方をしたためかファイル引っ越し後正常に起動できず、Microsoftのサポートを参考にFDISK /MBRで解消しました。ちなみにWindows95の起動ディスクを使って(笑)。まさかこんなフロッピーが今更役に立つとは。


さて、なんとか引っ越しも完了し、いつも通りネットしたりアニメ見たりしてましたが、操作が明らかにサクサクになりました。HDDの速度がここまでPC全体の快適性を向上させるとは・・・
4倍速でなら、DVD-Rを書き込みながら他の作業をしても問題なしです。

ただ、HDDが1台だけだった環境から2台に増えたため、2台の振動が重なって「うなり」を起こしてやがります。7月中旬になってケースになじんできたらしく振動が減った気もしますが。

今度からHDDはケチらないようにします。

投稿者 けーえすtj : 11:27 | コメント (0) | トラックバック(0)

YMF724が壊れた

以前117円で買ってきたヤマハYMF724搭載のサウンドカードですが、ついに壊れやがりました。パソコンパーツなんて壊れないと思いこんでたのに。ジャンクだから仕方ないか。
200507yamaha724.jpg
故障内容ですが、左チャンネルからぶつぶつざーざーとノイズがします。
先月はPCを再起動するとノイズが消えて復活していたのですが、今月になってから直らなくなってしまいました。いろいろ試しましたが接触不良ではないようです。

しょうがなくPCからサウンドカードを取り外し、マザーボードにオンボードのRealtek蟹チップサウンドに逆戻りです。
YMF724を取り付ける前はドライバ3.6.9との組み合わせで音に満足していたんですが、
いざYMF724を聞き慣れた耳で蟹チップの音を聴き直してみると、なんだかなー。
YMFに比べ若干声の厚みと解放感?が足りない気が。たかだか1800円のイヤホンで聴いてるくせに何言ってるんだって話かもしれませんが。
ホワイトノイズはYMFより少ないですが、USBに機器繋いだりすると繋いだ機器の動作に合わせてノイズが聞こえるんですけど・・・ まぁ壊れたYMFの大きなノイズよりマシですが。

くそー、次にお金有ったらマウス買うつもりだったのに、サウンドカードの方を先に買わなきゃならないかも・・・
VIA Envyチップ搭載のサウンドカードが欲しいけど、ONKYOのWAVIOは手が届かないし、
玄人志向のは2000円で買えるけど玄人志向嫌いだからな・・・。
売れ残りのAOpenの探すかな(中身は玄人志向のと同じのような気がするが)。
まぁ、内蔵のXG音源は魅力なんで再びYAMAHA YMF系搭載カード買っても良いのですが(中古で1000円ぐらいかな)。


その前にお金がないです。レンタルサーバ代とドメイン更新費振り込まないと・・・

投稿者 けーえすtj : 11:18 | コメント (0) | トラックバック(0)

2005年05月05日

無意味にクアッドディスプレイ(しかし実際はデュアル)

200505mm.png
手元にあったMatrox MystiqueとATI Rage128pro(AIW)をメインマシンに刺してみるテスト。
メインのRADEON9550はデュアル対応なので合計で4画面、うはは。
しかしモニタは2台しか持ってないので実際はデュアルディスプレイ、2画面しか有効になってなかったり。

本当はメインのRADEON9550を1枚だけでデュアルモニタ可能だけど、DVI-RGBの変換コネクタの手持ちがないので、サブの液晶(アナログ)を繋げないのでビデオカードを追加。


Rage128proは使うつもりではなかったのに、試しに装着したMystiqueが古すぎて性能がアレ過ぎたので追加。Mystiqueを外さなかったのは、画面のプロパティに4つモニタのアイコンが出るのを楽しみたかっただけw。


メインは17型のCRT、サブは15型の液晶。表記上は2型も大きさが違うのに、表示面積はほぼ同じ(わずかに数ミリ差でCRTが大きいだけ)。
CRTの方はQuadVGA(1280*960)だしブラウン管だしで文字が小さく読みづらいですが、液晶の方はパネルの仕様でXGA(1024*768)だから文字が大きいし、線がシャープだしで文字が読みやすい。

でも、マルチモニタを活用する用途が思いつかない。片方のモニタに集中すると、もう片方のモニタはどうでも良くなってしまって電気の無駄な気が・・・

ただ、メイン機に液晶を追加したことによって、液晶で文字を読むのはやっぱり楽だと気づきました。
液晶欲しくなってきたよ・・・ちなみに現在のメインCRTの推定寿命はあと2年。それまでにSED発売されるんだろうけど、正直、パソコン用には液晶の方が目には優しいはずだから微妙だ・・・

投稿者 けーえすtj : 12:20 | コメント (0) | トラックバック(0)

2005年03月25日

CPU冷却ダクト

ダイソーで売ってるPPシートを使ってCPU冷却用ダクトを作ってみました。
シートの図
でっかくて105円で買えるので、工作にはかなり使えそうなアイテムです。
ちなみにビデオテープのケースと同じ素材です。

ダクト
CPUのシンクをIntel純正のNorthwood用クーラーからPrescott用クーラーに取り替え、ファン部分を外してJapanValueのリテンションキットR-P4PMで固定。
PPシートをハサミで切ってホットボンドで組み立てて装着しました。


排気ファンは1700rpmのやつなので風量は少な目ですが、低電圧動作させているNorthwoodを冷やすには十分だと判断しました。


これで、ファンはこのダクトと、電源の静音12cmファン、RADEONに付けたファン(5V動作させてるので無音に近い)だけになり、かなり静かになりました。

投稿者 けーえすtj : 15:51 | コメント (0) | トラックバック(0)

2005年02月08日

YMF724搭載サウンドカード Labway D10

マイコンビル4F中古コーナーMUCのジャンクコーナーでLabway製YAMAHA YMF724搭載サウンドカードD10を購入。117円。

YMF724なんて、いまさら旧式で価値がないような気もするし、そもそもマザーボードのオンボードサウンドドライバを更新して満足していたのに、値段に負けて、そしてYMF724に昔あこがれていたので購入。
デジタル入出力やリアチャンネルの無いシンプルなカード。ジャンクの割には端子等にサビや汚れはなかったのでいいかなと。


さっそく取り付けてみた。WindowsXPが自動でMicrosoft標準ドライバをインストールしてくれた。そして再起動したんだけど、あれ?Windows起動中に固まってしまう。
BIOSでオンボードサウンドを無効化するとすんなり動いてくれた。

MIDIを再生してみる・・なんじゃこりゃ。
Microsoft標準ドライバじゃFM音源しか使えないみたいです。8bit時代の化石的な音色。

しょうがないので、YAMAHA公式サイトからWDMドライバのバージョン5244をダウンロードしてそのままインストール。再起動後、ハードウェアXG音源が利用可能になりました。
MP3とかWAVEファイルとか再生してみましたが、ノイズもなくていい感じです。


でも、ネットでよく見かけるMIDIファイルは、ほとんどがSC-8850やSC-88pro向け=GS音源向けということで、YMF724のXG音源との相性がイマイチ。

解決方法としては
1.エミュレート機能付きのプレーヤー(TMIDI Player等)で再生する。
  →効果は不明です。効いているようないないような
2.GS用MIDIファイルを聞くときは別の音源を使う。
  →フリーのソフトウェアMIDI音源、TiMidity++と30MBパッチを組み合わせて使うと
   なかなか再現性は高くていいんですが、うちのPCとの相性が悪いのか、
   まれに音飛びします。テンポがおかしく聞こえます。
  →Windows標準付属のGS音源を使うのが無難か?安っぽいしGSと本当に互換性有るのか怪しいけど・・・

最近はMIDIファイルが減って聞く機会が少ないので、気にしないことにします。
そういえばXGの規格にはGSエミュレート機能が含まれていたような気が?


参考:
ソフトウェアMIDI音源、TiMidity++ Windows版の導入方法はTiMidity++(Win版)インストール解説というところが詳しいです。スタートパックがとても便利。

YMF系サウンドカードに関する情報はYMF7x4FANPAGEさん。ドライバの機能を拡張するカスタムINFを使う場合、
1.ASKのサポートページからバージョン5245(dwi5245l.exe)を入手
2.YMF7x4FANPEGEのトップにある5245用カスタムINFを入手。
3.ASKから入手したファイルの拡張子を.zipに変更し、解凍ソフトで解凍。
4.カスタムINFの名前を「NLDS1S1.INF」に変更。解凍したフォルダにある同名ファイルに上書き
5.解凍したSetupを実行。指示に従えば完了。

投稿者 けーえすtj : 22:44 | コメント (0) | トラックバック(0)

2005年02月06日

オンボードサウンド

PCのサウンドはオンボードのRealtek ALC650を使ってるんだけど、どうも音が良くない(バランスが悪い)。
そこで、Realtekで最新版のA3.69ドライバをDLして入れてみました。
ドライバの削除にはDriver Cleanerを利用。

1.プログラムの追加と削除から前のドライバをインストール
2.再起動せずに、ドライバクリーナーを利用
3.再起動
4.Windowsにサウンドデバイスが自動認識されるけどキャンセル
5.Realtekで手に入れたドライバをインストール
6.再起動

かなりいい感じの音になりました。まぁノイズは減ってないと思いますが。

投稿者 けーえすtj : 13:43 | コメント (0) | トラックバック(0)

2004年12月13日

新PCほぼ完成

200412jisaku01.jpgGateway機のアップグレード計画、ほぼ完成。

新PCの、HDDとDVD以外が完成しました。予算の都合上、HDDとDVDドライブは来年に購入。
初売りにでもゲットして完成させようかな。

特売のマザーボードは地元で、高価なCPUとメモリは割安な通販で購入。
ノーブランドメモリを購入する場合は交換しやすい地元購入がお勧めです。


主なSpec
価格は税込

CPU:
14160円 PC ONE'S通販
Intel Pentium4 2.40CGhz(SL6WF/NorthWood) HTテクノロジ FSB800(200Mhz)
メモリ:
9360円×2 PC ONE'S通販
IODATA DR400-512M/ST(白箱/Samsung製)×2枚
マザーボード:
6090円 パソコンの館金沢店
AOpen AX4SPE-UN(E) Intel865PE
ビデオカード:
7280円 PC ONE'S通販
Sapphire RADEON9550 128MB(128bit)
ネットワーク:
1180円 パソコンの館金沢店
Planex(PCI) FNW-9803-T
電源:
4980円 ドスパラ金沢店
NExtWave EVERGREEN SILENTKING-3 350W

続きを読む "新PCほぼ完成"

投稿者 けーえすtj : 18:44 | コメント (0) | トラックバック(0)

2004年12月09日

Pentium4化計画進行中

パソコン遅いんですけど」で書いたように、CPUやらなにやらをPentium4に載せ換え計画中。

今使ってるパソコンが古い世代のパソコンなので、結局、パーツ交換と言うより、まるごと入れ替えに決まりました。通販でパーツ注文済み。


以前、次のパソコンはGatewayのを買うって言っていたのになぜ自作するんだ?と友達につっこまれましたけど、今回の計画は自作ではなく、あくまでもGateway機のアップグレードです(言い訳)。Gatewayのケース使うから良いんじゃない?

投稿者 けーえすtj : 22:52 | コメント (0) | トラックバック(0)

2004年11月22日

パソコン遅いんですけど

あーモタつくパソコンだな。
友達とCPUのアップグレードについて話していて、さらに不満に。

友達との話の結論、現時点でデスクトップPC用CPUとして最高の選択はAMDのAthlon64かと思われます。速くて安くて、デスクトップCPUとして最高水準の省エネまで実現してしまいました。AMDスゲーよ。なんでもアメリカじゃシェア5割だとか。Intel負けてきてるな。
ノート向けCPUは依然としてPentiumMが最強かと思われます。


2001年1月から使ってる今のパソコン。もうそろそろで4年経過。今時1Ghz未満のCPUじゃさすがに辛いです。
MPEG1のエンコードで再生時間の20倍以上かかる。MPEG4系のエンコードは・・・おそろしくて出来ない。

まるごと買い換えるお金なんて無いので、マザボとCPUを載せ変えたいんですけど、CPUはPentium4の2.4CGhzあたり15000円、マザボは7000円ぐらいの、対応メモリは512MBで8000円。
合計で3万円ぐらいかかります。高い。

続きを読む "パソコン遅いんですけど"

投稿者 けーえすtj : 00:10 | コメント (0) | トラックバック(0)