in Kanazawa -  ks-eek.net

blogトップ#010 PC・デジタル・家電等#013 PC周辺機器・ソフト > MPEG2の音声ファイルについて
« 近況報告 part? | 学校に自分のPCを持ち込んで更新するバカなテスト »

2005年05月14日

MPEG2の音声ファイルについて

DVD、映像の方はビットレートだとかノイズフィルタだとかいろんな話題がありますが、音声の方は注目されていません。そんなわけで今日は映像の音声の話。


CMカットした30分アニメ(実質24分)を映像平均4MbpsでDVD-R1枚に6話入れるには、音声を160Kbpsまで落とす必要があります。

さて、圧縮効率がよいのはどの方式でしょうか。Oggとかは圧縮効率がいいみたいですが、DVDには使えません。
DVDで扱えるのは非圧縮のLPCM、圧縮音声のDolbyDigital(AC-3)、MpegAudioLayer2(MP2)です。

とりあえず、同じファイルをいくつかの形式・ビットレートに変換して比べてみました。
面倒なので結果を先に書きます。
音楽CDをTMPGEnc 3.0 XPress EEで48KhzのWAVにあらかじめ変換し、それを各形式に圧縮しました。
ソフト名が書かれていない物についてはTMPGEnc MPEG Editor EEで変換しました。
ハード圧縮は、GV-MVP/RXLEのCX23416チップで変換された物です。RX、RX2、RX2W等でも採用されているチップです。

MP2 384K ≧ AC3 448K > MP2 224K > MP3(午後のこ~だ最高音質)160K > MP2(ハード)384K ≧ MP2 160K > AC3 192K > MP2(ハード)224K ≧ AC3 160K

スペアナで見た高域の様子と個人的な感覚で不等号で並べてみました。
単位はK=Kbpsです。

分かることは、まずAC3が古い規格のMP2に負けているということ。
まぁAC3は業務用の機器や高いソフトで圧縮するとMP3より音が良いらしいですが。

そして、ハードウェアのCX23416で圧縮したMP2の効率がとても悪いです。ソフト変換だと半分のビットレートで同じような音・・・
GV-MVP/RXシリーズはMP2以外での録音には対応していないので、MVP/RXシリーズで録画するときは最高設定の384Kbpsで録音、DVD作成時にソフトで低いビットレートに変換するのが良いみたいです。


MP2の384KbpsとAC3の448Kbpsは、さすがにTMPGEncシリーズの音声圧縮の設定の中で最高ビットレートだけあって、スペアナだけ見ているとLPCMとあまり差がありません。圧縮ってのはすごいですね。

そんなわけで、録画時MP2の384Kbps、保存時MP2の160Kbpsということにしたいと思います。

投稿者 けーえす : 2005年05月14日 22:48

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://blog.ks-eek.net/mt-tb.cgi/161

コメント

コメントしてください




保存しますか?